ブンダバー日記

ドイツから帰国☆楽しかった~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の夜はWissenschaftsnachtとゆうイベントがありました。
(Wissenschaftは「科学」、Nachtは「夜」という意味。)

今年のテーマは「水」



この催しは、ボン大学とボン市がメインとなって開催されているらしい。

ボン大学の様々な自然科学系の学部・学科が研究してきたことを、
実験や体験教室のような形で伝え、市民が気軽に自然科学に触れ合える空間となっていました。

パネルを用いて説明しているブースもあれば、
パネルでの展示



本来はすごく難しい化学反応をともなっているであろう内容を、
身近に起きている現象と結びつけて分かりやすく実験で示したり、
実演披露☆

(私も「わぁ~('o')!」とかいってしっかり驚かせてもらいました)

実際に子供が参加できるコーナーもあったり、
体験コーナー



すごく興味深かったです。


研究内容・発表自体ももちろんですが、私の目には、
この、市民に公開するというスタイルがとても新鮮で重要に映りました。

学会や、大学での研究段階でとどまるのではなく、そこで得られた結果を
一般の人と共有するというのは、大学の果たすべき重要な役割の一つだと思います。


このイベントには小学生くらいのチビっ子(中学生もかな)がたくさん来ていました。
みんな本当に楽しそうに実験の様子を見たり、参加したりしてました。

「理数離れ」なんて言葉はどこからも聞こえて来ないような、そんな空間でした。

テストでいい点を取るんじゃなくて、面白さを知ることのがずっと重要だと思います。

それを大学が提供しているということはすごく意義のあることだと思います。
スポンサーサイト
コメント
大学
職員としては、うちの大学もそうならねばいかんですな。私はけっこうそうゆうのしたくて職員になったふしもあります。
2006/07/12(水) 12:22:04 | URL | みゃー #-[ 編集]

毎年開催されてて、多くの地域住民が気軽に訪れてるみたいだよ('o')すっかり定着しているようです。大学と地域が一体になって大学付近がすごくにぎわってたよ☆ほんと日本でもこうゆうの出来たらいいよね('o')
2006/07/12(水) 20:37:03 | URL | かなこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kanannu.blog15.fc2.com/tb.php/196-a406ed0b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。